変なブログ

たらみその独り言です

一ヶ月以上更新してなかったので、なんか書こうと思う

 

私の夢について語ろうと思う

私にはいろいろ夢がある

将来の夢とか、高校生の今だからできる夢とかその他沢山……

夢と一概に言っても沢山あるからその中の一つの、将来の夢について語りたい

 

私は日本史の教員になりたいので、高等地歴の教職を取れる私立大学を選んでそれを目標に頑張ってるんだけど、なんか夢と言うには小さいというか、もっと好きなこととかやりたいことがあるんじゃないかと思っていろいろ昔の自分を思い返してみるんだけど

やっぱりこれしかないなって感じたのは「漫画家」になる事だ

 

昔から漫画家に憧れて一日中絵を描く練習したり漫画を自ら書いてたりしてて、その練習した形跡の残ってる裏の白い紙を部屋の片付けをしてる時にたまたま見つけた

そして思ったのが

日本史の勉強するより漫画家になるために必死で絵を書いたりストーリーを考えたりしてる時の方がたのしいなと言うこと

その感情が最近また自分の中で沸き上がってきてて、やっぱりこれしかないなと運命性を感じた(運命は言い過ぎ笑)

夢にも程があると言って随分昔に諦めてた夢だけど、夢だからそのくらい大きくてもいいんじゃないのかなと思っている

 

あと、絵についてだけど、学校とかで「絵が上手いね」って褒められることが多くて、「才能があるんだよ」とか言われることがある

私は小学生、中学生と9年間毎日帰宅したらずっと絵を描いていたから、全く才能だとは思っていない。頑張ったからこその今だと思っている

色塗るのも下手くそだし、風景画を書くのもうまくない。人を昔から描いてたから人の絵しか基本かけない

今では抽象画とか好きで描いてるけど、そんなに上手いとは思わない

努力すれば才能には劣るもののそこそこのものを手に入れられるはずだよ

これから漫画のせかいに踏み切っても才能とか気にせずに頑張ってみたいと思う

問題児

今回は我が家の問題児の親父についてストレス発散がてら文に起こしたいと思う

 

親父は80歳こえてる結構な長生きで我が家の問題児です。ほんとに。

 

80となるとかなり体も弱るし骨も脆くなるから家の中で動き回る時には結構みんな気を配って手を貸したりするんだけど、親父は見栄を張ってるのか、無理してでも椅子から手をつかずに急に立ち上がろうとしたりするんだよ。そういうのはやめてって言ってるのにいつまでもやめないし、それでこけた時は起こすのを助けて欲しいって言ってくるし腹立たしいこの上ない。この間また、やめてくれって注意したことを無視して無理してかっこよく立ち上がろうとした時にコケてガラス戸に直撃してガラス戸が全部割れて掃除も面倒だったし、ほんとに腹が立つ。かっこつけたいか知らないけど自分の年齢も考えて欲しい。ほんとにクソだ

そのくせにバリアフリーのために手すりをつけてくれって言ってくるし、手すりつけてやったのにも関わらず、全く手すりを使わないし、自分が怪我したのを手すりのせいにしたりして、手すりつけてくれた業者にいちゃもんつけるし、ほんとに頭がおかしい

 

問題はそれだけに留まらない

歯もやっぱり歳を追うごとに抜け落ちるから食べられるものも限られてくる。だから細かく野菜を切ったりして食べやすくしてるのに、そんなの硬いから食べれないって、毎日お菓子バリバリ食ってるくせに拒否する。めちゃくちゃうぜえ。その癖自分の好きな食べ物が机の上に並んでると、硬くても食べる。

これはまあ好き嫌いの話だから仕方ないと思うんだけど、「硬いから食べれない」ってなんだよ、嫌いなだけじゃん。嫌いって言えばいいじゃん嫌いな食べ物があることがそんなに恥ずかしいの?なんで普通に嫌いだから嫌って言わないの?

 

親父は今風邪ひいてて、フラフラしてて、ついこの間病院で点滴を打ったんだけど、また懲りずに新しい病院にひとりでいって、また親に迎えに来させて親を振り回すし、それを何度も繰り返してる。なんで家で黙って寝てないの?なんで何回も病院に行くの?そもそもなんで飯作ってやってんのに食わないでずっと引きこもってるの?飯食わないと体調崩すでしょうが。それでふらふらして病院に行ってってそんなこと繰り返して馬鹿じゃねえのかほんとに自業自得だクソ野郎ってかんじだ

 

これ以外にもたくさん腐る程クソみたいな話がある。脱サラして工場を作ったんだけど親父は全く働かず、祖母に全て仕事をさせてたりしてたらしい。総じて親父は問題児なのだ

そのおかげか毎日親の親父への怒号が聞こえてくる。もう親父限界助けてくれって感じなのだ。

 

楽しい楽しい下ネタの話

なんか前回の記事でウザそうな内容かつ、文も気取ってるかんじで書いてしまったから、もうちょっと読みやすくてさっぱりしてる感じでブログ書いてみようと思う

君らは下ネタ(笑)なら食いつくだろうから下ネタについて書こうと思うんだけど下ネタを過剰に嫌う人(私)もいるから、ある程度知識になりそうな観点で下ネタを捉えてみようと思う

 

Twitterをやってる君らなら一度は好きな人と連絡する時に頻繁に「好き♡」

を意図的に「しゅき♡」とか「ちゅき♡」とかいう感じに言いかえる女を見たことがあると思うんだけど、なんでそういう風にいちいち言い換えるのかとても気にならない?普通に「好き!」で良くない?って思わないですかね。別にいやみとかじゃないからね……

 

………と私は思ったので、上記したような現象がなぜ起こるのかを調査するため、リア充研究家のたらみそ先生に話を伺うために、メンヘラキチガイの聖地、愛知県を訪れた。(茶番)

 

私の個人的な意見だけど、そういう現象はオノマトペ的なものではないかと思う。オノマトペってなんだよって感じだしそんなに詳しくないけど、NAVERまとめによるとオノマトペは、「物事の声や音・様子・動作・感情などを簡略的に表し、情景をより感情的に表現させることの出来る手段として用いられる言葉」と書かれていた。このオノマトペへの理解を私が今さっき言った「好き」の言い換えに当てはめて考えると、

 

「しゅき」とか「ちゅき」っていうのは好きという感情に情景とか深みを与えている言葉である

 

ということになる。ちょっと分かりにくいかもしれないから「好き」の言い換えの例をもとに私の考えをもっとわかりやすく伝わるようにしてみるゾ

 

「好き」を「しゅき」に言い換えた場合、どんな感じに好きの感情に深みを与えてることになるだろうか

こういうのは個人の感性というか個人の感覚だから私の考えがみんなに共通するかは分からないけど、しゅきって言うとなんか、普通の「好き」より、心を許してる感じとかデレデレしてる感じがする。

…なんかこの現象オノマトペ的なものなきがしてこない?と私は考察したんです。

 

なーんだ!全然下ネタじゃないじゃんって思うでしょ?実は下ネタにもこの、オノマトペ的な言い換えをした言葉があると思うんだよ

いきなりぶち込むけど「ちんこ」なんて言葉にもあるよね。「おちんちん」とか「ちんぽ」とかあるよねそうだよね。

AVでの行為中に女がちんこのことを「おちんちん」ってよく言うけど(シチュエーションによってそれは変わると思うけど)普通にちんこって言うより、ちんこが好きそうな愛しそうな、気持ちよさそうな気がしない?…と私は思うんですね

 

…はい!という感じで今回のブログを書き終えたいと思います。くだらない暇つぶしだけど読んでくれてありがとね!!!!!

 

勉強ノイローゼについて

折角苦手なブログの設定をしてたのに三日坊主になっては頑張った自分が報われないので、早速書き溜めていこうと思う

今回は自分が勉強ノイローゼになった原因と私がノイローゼを治すために(完治してはいないが)どう考え方を変えたかを綴ってみようと思う

前置きがだらだら続くかもしれないから適当に読み飛ばしてくれても構わない

 

私は高校生になってから勉強に対して苦しむ事が多くなった。高校入試で、ギリギリ合格ラインにのっかったタイプの人間だったから勉強については大変なんだろうとだいたい想像はできていたが、まさか死にたいと思うほど苦しむとは思いもしてなかったので、当時の自分はなんて楽観的な人間だったんだろうと思う。「まあ、どうにかなるだろう」なんて思えていた頃の自分が懐かしい。

ご察しの通り一学期に散々なテスト結果を残した私はこのまんまではいけないと二学期から焦って勉強を始めた。1年の内はまだノイローゼもましな方でがんばれていたんだけど、2年になってから徐々に体調や情緒が不安定になっていった

最近では志望大学も固まってきて心に余裕が生まれてきたので自分について考える時間が増えてきた。そこで私は自分のような勉強ノイローゼに、かわいいかわいい学生フォロワーが落ちてしまわないように参考程度にできるかもしれないと思って、自分のノイローゼについて分析をしてみようと思った

 

私のノイローゼの原因は他人と自分をすぐに比べてしまうところにある。正直それしかない。それ以外に理由はない。

 

前置きに比べてかなりさっぱりしてしまって申し訳ないが、いくら考えてもこれ以外に理由があるとは思えない。

トップオブトップを極めるイチローみたいな一流選手は「自分のライバルは自分だ」みたいなかなりストイックな事を言っている。(イチローが言ったかは知らないが)確かに自分に勝つのはとても難しい事だ。

だけどノイローゼであった当時の私を見ると自分に勝つことなんて誰かに勝つことよりよっぽど簡単で楽だったと思う。

自分と戦うということは自分のレベルとあった相手と戦っていると言える。

しかしノイローゼであった私は届くはずがない才能的に頭がいい人と自分を比べて自分に自己嫌悪や、劣等感を感じていた。つまり自分に似合わない高すぎるレベルの人間と戦っていた

 

自分と戦っていればいつか勝てる。しかし自分のレベルに合わない人間と戦っていてはいつまでたっても勝てないに決まっている。いつまでたっても勝てないのはとても辛く苦しい事だ。

 

勉強はスポーツみたいなもので才能のない者は上手くならないし、無理に努力し続ければ体を壊すこともある。自分の心や体を壊してまで勉強に取り組む必要は無いと思う。

程々に頑張って程々に自分を褒めてあげることが勉強ノイローゼを治すためにはとても有効な手段だと思う。実際私はそうするようにしてからノイローゼの症状が軽減した。

 

自分はどこまで頑張ってもいいのか、自分は今どんなレベルに立っているかをしっかり知り、無理をしないことがとても大切であると思います。以上。長くてごめんね。

ブログを始めた経緯とかその他云々

いちいちブログに載せるほどの大層な生活は送ってないけど単純に文を書くのが好きだからブログやってみようと思った。

ケータイ苦手マンながらも設定というラスボスに何とか勝利して今この文を書くに至っているので、諸君は私の血(主に経血)と涙の結晶で作り上げたこのブログを読めるなら是非読んであげてほしい。(迫真)よろしく頼むゾ〜!